IFFAコンテスト2019


【 facebook 投稿 から】

2019年10月30日

☆『IFFA コンテスト2019』 結果のお知らせ:
 こんばんは、嫁です。今日は、ちょっとみなさまにも喜んでいただけるお知らせです(長くなります)。
 この夏に、DFV(ドイツ食肉連盟)と日本のメーカーが主催した「第1回IFFA日本食肉加工コンテスト2019」に応募しておりました。IFFA(イーファ) とは、通常3年に一度ドイツのフランクフルトで開催される食肉加工の国際見本市のことで、そこで食肉加工品のコンテストが実施されます。ドイツのみならず欧米・アジアなど世界中の国々からエントリーがあり、1アイテムごとに味、外見、食味、におい、スパイスなどが厳正に審査され、満点を獲得したもののみ金賞が授与される、国際的にとても権威のあるコンテストです。
 今年は、ドイツの食肉マイスター8人を審査員として初めて日本に迎え、全国各地の加工メーカーから出品された約530品にのぼるハム、ベーコン、ソーセージなどのアイテムが3日間にわたって審査されまして、この度ようやく結果が送られてきました。
 アインベルクからは、ポークウィンナー、ゲルダ―レンダー、ヴァイスヴルスト、フライッシュケーゼ、ロースハム、ハーブベーコン、コンビーフ、カイザーヤークトの計8品を出品した中で、7つが金賞を獲得、1つが惜しくも銀賞でした。嫁は、「全部受賞なんてすごいじゃん!うち、7つが満点だよ!!」と言ったのですが、店主曰く、「きちんと作っていれば金賞は取れる」といぶし銀(あ、金じゃない…(;'∀'))のリアクションでした。
 今回のコンテストへの参加は、店主が日々作っているものが、本場ドイツのマイスターたちにも認められる確かなものであることを確認する目的だったようです。今回の受賞がこの小さな店にとって箔が付くということよりも、日々アインベルクのハムやソーセージを美味しいと感じてご利用いただいているみなさまにとって、安心と信頼を増すことにつながることこそ一番意義のあることだと店主は考えています。

 そのため、「金賞とったぞー!」と大々的にアピールすることはありませんし、『金賞ギフトセット』なるものを作ることもおそらくないと思います。今回の結果を知って、みなさまの胸にストンと落ちるものがあれば、それが私たち(特に店主)にとっては一番嬉しいことです。
 たくさん金賞を受賞した出品者には、後日トロフィーが送られてくるそうです。インテリア担当の嫁の声には耳を貸さずに、きっと工房の奥深くにそっと飾り置くのではないでしょうか…。
 なにはともあれ、ようやくみなさまにご報告できました。長文お読みいただき、ありがとうございました。


2019年11月30日

☆オマケ:
 この夏に行われた国際コンテストの結果を先日このFBでお知らせしましたが、先週末に都内で表彰式があったようです。店主は製造繁忙のため参加できませんでしたが、トロフィーやメダル、賞状などが送られてきました。 この間、たくさんのお客さまにも関心を持っていただきましたので、写真だけでもご紹介させていただきます。

 大変名誉なことなのですが、店主は相変わらず「イェーイ!!」という感じではないため、変わりに店主そっくりの娘が記念撮影に応じてくれました。

 メダルや賞状を見て「パパ、運動会で優勝したの?」と言っておりました(笑)
 これからも変わらず、皆さまに美味しいものを届けられるように頑張りますよ〜!